販促品の目的とは

販促品という言葉を聞いたことがありますか?Wikipediaによると、販促品とは「販売促進(セールスプロモーション)のため活用するプロモーションで、新商品などのキャンペーンで配布することにより、商品の認知度の向上や消費者の購入を促す効果を期待して配布されるもの」とされています。その起源は、江戸時代に商店などがお客を引き付けるために配っていた「引き札」とされています。時代は変わっても、販促品は店(会社)や商品を「知ってもらい、そして買ってもらう」ことを目的として配られるものです。

身近な販促品としては、街を歩いていてもらえるちらしやポケットティッシュ、夏ならうちわなど、つい手が出ますよね。スーパーなどで「チラシ持参の先着○名にプレゼント」という形で、また営業マンが顧客や取引先への挨拶のときに渡すなど、使われる場面はさまざまです。

販促品を配る目的は、商品を買ってもらうこと。受け取ってもらえれば終わりではありません。街でよく配っているティッシュは誰でも手に取りやすく、実用的であるという点では優れていますが、使い終わると処分されてしまうという意味ではリスクもあります。販促品を作る側としてはもちろんコストは気になりますが、受け取る側にすれば、ただのチラシよりは実用的なもの、いくつあっても困らないものの方が手元に残りやすく、繰り返し会社名や商品名を目にしてもらえます。

では、具体的には何を販促品として使うと、より効果的に会社名や商品名を印象付けることができるのでしょうか。実用的で繰り返し使えるという点で、タオルは販促品として優れているといえます。ここでは、効果的な販促品としてのタオルの利点について紹介します。