タオルと他のグッズの比較

販促品としてのタオルの利点を、ここでは他のグッズと比較して検証します。まずはチラシやパンフレット。写真や説明など多くの情報を伝えることができますが、急いでいる人には受け取ってもらいにくいし、受け取ったとしても一見して興味がないと手放されるリスクも高いものです。うちわやティッシュなら使ってもらいやすいですが、短時間で使い捨てられる可能性があります。

これらに比べると、タオルは手に取ってもらいやすく、使うとしたらある程度長期的に使ってもらえる可能性が高いのです。使われる場面を考えても、受け取った本人だけでなく家族や周りの人にも目にしてもらえるというのも利点です。例え受け取った人が使わなくても、実用性が高いために捨てるのではなく他の誰かに譲るという方法で販促効果を得ることも可能でしょう。

クリアファイルやボールペン、ふせんなどは会社員には便利に使ってもらえるかもしれませんが、使わない人にはアピールしにくく、捨てられはしなくてもしまいこまれてしまったら、販促品としてはリスクになります。職場であっても、個人的に使うものだとより多くの人に目にしてもらうという点では少し弱いですよね。

いかがでしたでしょうか。より広い対象に会社名や商品名を知ってもらい繰り返し触れることで親しみを持ってもらうために、社名入りオリジナルタオルを作成してみてはいかがでしょうか?