タオルと他のグッズの比較

販促品としてのタオルの利点を、ここでは他のグッズと比較して検証します。まずはチラシやパンフレット。写真や説明など多くの情報を伝えることができますが、急いでいる人には受け取ってもらいにくいし、受け取ったとしても一見して興味がないと手放されるリスクも高いものです。うちわやティッシュなら使ってもらいやすいですが、短時間で使い捨てられる可能性があります。

これらに比べると、タオルは手に取ってもらいやすく、使うとしたらある程度長期的に使ってもらえる可能性が高いのです。使われる場面を考えても、受け取った本人だけでなく家族や周りの人にも目にしてもらえるというのも利点です。例え受け取った人が使わなくても、実用性が高いために捨てるのではなく他の誰かに譲るという方法で販促効果を得ることも可能でしょう。

クリアファイルやボールペン、ふせんなどは会社員には便利に使ってもらえるかもしれませんが、使わない人にはアピールしにくく、捨てられはしなくてもしまいこまれてしまったら、販促品としてはリスクになります。職場であっても、個人的に使うものだとより多くの人に目にしてもらうという点では少し弱いですよね。

いかがでしたでしょうか。より広い対象に会社名や商品名を知ってもらい繰り返し触れることで親しみを持ってもらうために、社名入りオリジナルタオルを作成してみてはいかがでしょうか?

 

販促品としてのタオル

より多くの人に会社名や商品名を知ってもらうためには、より多く配る必要があります。1つあたりのコストが高すぎず、なおかつ繰り返し手にしてもらって会社名や商品名に親しんでもらう上で、販促品に何を選ぶかは重要になってきます。

ここで販促品として名前入りのオリジナルタオルをお勧めするのは、渡す相手を選ばないという大きな利点があるからです。ビジネスマンでも主婦でも子どもでもそれなりに使う機会があるというのは、商品の宣伝手段としてはとても有効です。タオルはたためば小さく配りやすくなり、広げれば商品名を比較的大きく印刷することもできます。また、すぐに使い道を思いつかなくても「きっと使う」という気持ちがあるために受け取りやすく、なおかつ持ち帰ってもらえる確率が高いのがタオルなのです。

昔ながらの販促品のタオルは、白い薄いものの端に会社名などが大きく書かれていましたが、最近では小さめのタオルハンカチやスポーツタオルなどもよく用いられています。文字だけではなく絵や色、マークなどでも印象づけることができます。

心理学的にも、最初は特に興味のなかった対象でも、繰り返し目にすることで好感を持つようになっていくと言われています。これを単純接触効果といいます。手にした時のインパクトではなく、時間をかけてよい印象を持ってもらうという点で、タオルは優れた販促品であるといえます。

販促品の目的とは

販促品という言葉を聞いたことがありますか?Wikipediaによると、販促品とは「販売促進(セールスプロモーション)のため活用するプロモーションで、新商品などのキャンペーンで配布することにより、商品の認知度の向上や消費者の購入を促す効果を期待して配布されるもの」とされています。その起源は、江戸時代に商店などがお客を引き付けるために配っていた「引き札」とされています。時代は変わっても、販促品は店(会社)や商品を「知ってもらい、そして買ってもらう」ことを目的として配られるものです。

身近な販促品としては、街を歩いていてもらえるちらしやポケットティッシュ、夏ならうちわなど、つい手が出ますよね。スーパーなどで「チラシ持参の先着○名にプレゼント」という形で、また営業マンが顧客や取引先への挨拶のときに渡すなど、使われる場面はさまざまです。

販促品を配る目的は、商品を買ってもらうこと。受け取ってもらえれば終わりではありません。街でよく配っているティッシュは誰でも手に取りやすく、実用的であるという点では優れていますが、使い終わると処分されてしまうという意味ではリスクもあります。販促品を作る側としてはもちろんコストは気になりますが、受け取る側にすれば、ただのチラシよりは実用的なもの、いくつあっても困らないものの方が手元に残りやすく、繰り返し会社名や商品名を目にしてもらえます。

では、具体的には何を販促品として使うと、より効果的に会社名や商品名を印象付けることができるのでしょうか。実用的で繰り返し使えるという点で、タオルは販促品として優れているといえます。ここでは、効果的な販促品としてのタオルの利点について紹介します。